北大生協ルームガイドTOPへ > 北大生の家庭教師紹介

北大生の家庭教師紹介

北大生の家庭教師紹介は【札幌キャンパス】のみです。

北海道大学学務部に代わって、北海道大学生活協同組合が【家庭教師の紹介業務】を行っております。
「家庭教師をしたい北大生」、「北大生の家庭教師を探している保護者様」両者が、契約を交わすお手伝いをしています。

家庭教師(北大生)授業の対象者:

小学生、中学生、高校生
※上記以外の方は対象外です。

家庭教師「登録」から「成約」までの流れ

家庭教師紹介は双方からの登録制・直接契約方式です。

  • 「家庭教師をしたい北大生」と「北大生の家庭教師を探している保護者様」の双方から、希望条件を明記のうえ、北大生協にそれぞれ登録をしていただ
       きます。登録料は双方とも無料です。
  • 【求人情報ファイル】を見た学生から、面接の申し出があり次第、生協からご家庭へご連絡し、面接の段取りをとります。
  •  面接の結果、双方の合意が得られれば成約となりますので、生協規定の契約書にて契約書を双方で交わしてから 家庭教師をスタートさせていただきま
       す。
  •  成約に至った場合、北大生協は生徒側の保護者様から、家庭教師1名の紹介につき、8,640円(税込)の事務作業費用をいただきます。家庭教師をする
       学生からは手数料はいただきません。  家庭教師の授業料(月謝)および交通費等は、求人家庭側の保護者様から学生に直接お支払いください。
  •  成約後、何らかの事情で半年以内に契約が終了し、再び生協に家庭教師を依頼され、成約に至った場合は、家庭教師1名の紹介につき、3,240円(税込)
       の事務作業費用とさせていただきます。

家庭教師をしたい北大生へ

本年度の家庭教師登録・更新、紹介を受付けています。
登録の期間は年度ごとの更新が必要で、年度は毎年4月1日から翌年の3月末日までです。

本年度(4月から翌年3月)に、北大生協から家庭教師の紹介を受けたい方は、北大クラーク会館2階「クラークサービスセンター・ルームガイド
家庭教師係」にお越しいただき、登録または更新の手続きをしてください。

家庭教師の「登録」と「紹介」を受けるための流れ

1.登録する。
北大クラーク会館2階の「クラークサービスセンター・ルームガイド」にお越しください。そこで学生証を提示して【家庭教師登録カード】に記入し、登録します。
2.【求人情報ファイル】を見る。
クラークサービスセンター・ルームガイドにある【求人情報ファイル】をご覧下さい。求人情報の中にご自身の希望条件に合う家庭教師の求人があれば、ルームガイド職員に「面接をしたい」とお申し付けください。 求人家庭が面接に同意した場合は、求人家庭との面接の方法をご案内いたします。

北大生協ルームガイドから、学生に電話をお掛けする場合もあります。
生協側から、登録カードの中の条件が合うと思われる学生を探すことがあります。この場合、生協から求職学生に直接電話連絡をして、求人家庭と面接の意志があるかどうかを確認することがあります。内容説明を聞いて「希望に合わない」場合は断っても構いません。希望に合いそうな場合は、求人家庭との面接についてご案内いたします。
3.求人家庭と面接する。
求人家庭に出向いて面接をしてください。面接は第一印象が大切です。言葉使い、挨拶の仕方、身だしなみに留意しましょう。
生協がお渡しする<面接・契約についての留意事項>を一読し「契約について」の項目も確認するようにしましょう。なお、面接の際に公共交通機関の交通費がかかった場合は、面接当日に求人家庭から必ずもらうようにしてください。
4.学生から生協への連絡。
面接後、「条件が合わない」、「教える自信がなくなった」など、学生の側から断っても構いませんので、契約する意志がない場合はすみやかに生協に電話連絡をしてください。
契約の意志がある場合は、生協からの連絡をお待ちください。求人家庭から面接結果が来次第、ご連絡をいたします。
5.求人家庭から生協への連絡。
求人家庭は複数の学生と面接をしますので、返事は全て生協に来ます。面接をされた学生には生協から面接の結果をお知らせいたします。

契約後に、ご家庭から学生側に非があり「解約したい」など、概ね3回程度繰り返された学生は、家庭教師に向かない可能性が高いものと見なし、登録を取り消させていただく場合があります。
6.双方の意志が一致すれば契約。
求人家庭と契約することになった場合、求人家庭に直接連絡を取り、初回の授業の日程などを決めてください。そして初回の授業を行う日に、【家庭教師に関する契約書】を持参し、面接時に確認した事項に基づいて契約書を交わしてください。契約書は双方で1通ずつ保管してください。学生側はその契約書を必ずクラークサービスセンター・ルームガイドに持参してください。北大生協で「控」をとらせていただきます。
>>【家庭教師に関する契約書】ダウンロード(PDFファイル)

北大生の家庭教師を探している保護者様へ 

家庭教師の希望条件を明らかにして北大生協が用意する【家庭教師求人登録用紙】に必要事項を記入し登録してください。登録料は無料です。
ご登録いただきました求人情報を学生が閲覧できる【求人情報ファイル】へ出させていただきます(氏名などの個人情報は削除しています)。

学生から面接希望の申し出があり次第、北大生協からご家庭へ連絡を差し上げます。面接の結果、双方合意が得られれば「成約」となりますので、生協規定の【家庭教師に関する契約書】にて契約を双方で交わしていただき、家庭教師がスタートとなります。

ご成約となった場合は、事務作業費用を北大生協にお支払いください。
◎成約に至った場合、北大生協は求人家庭側の保護者(父母)から、家庭教師1名の紹介につき、8,640円(税込)の事務作業費用をいただきます。家庭教師をする学生からは手数料をいただきません。

家庭教師(北大生)の紹介を受けるための手順

家庭教師(北大生)授業の対象者:小学生、中学生、高校生
                ※上記以外の方は対象外です。

1.北大生協に登録する。
【家庭教師求人登録用紙】に必要事項を記入して北大生協にご返送ください(FAXあるいは郵送可)。
その際、ご希望や条件等がありましたら備考欄に記入してください。
(例:「近くにお住まいの北大生を希望…」、「お試し授業希望…」など)
 >>「家庭教師求人登録用紙」ダウンロード(PDFファイル)
2.学生(北大生)からの申し出があり次第、生協からご連絡いたします。
学生から面接の申し出があり次第、生協から保護者様へご連絡をいたします。ご希望に合いそうな場合は学生との面接の方法をご案内いたします。しかし「希望に合わない」と思われる場合はお断りいただいても構いません。
3.学生(北大生)と面接をする。
約束の日時に学生がご家庭に伺いますので面接をしてください。その際に公共交通機関にかかった交通費の実費をその場で学生にお支払いください。 なお「お試し授業」を希望される場合は、時給分を当日現金で学生にお支払いください。
4.面接後、ご家庭から北大生協へご連絡ください。
面接した学生と「契約する意志があるかどうか」を生協に必ず電話連絡してください。生協側は学生側の意志を確認いたします。 保護者側から「別の方を」など、契約できない場合は遠慮なくお断りください。再度【求人情報ファイル】へ出し、再募集をします。
5.ご家庭と学生(北大生)の意志が一致すれば「契約」します。
面接の結果、双方とも契約の意志があることを確認できたときは、学生から保護者様に電話連絡をさせますので、初回の授業日程を決めて下さい。そして初回の授業を行う日に、【家庭教師に関する契約書】を学生と交わして下さい。 >>【家庭教師に関する契約書】ダウンロード(PDFファイル)
6.北大生協に事務作業費用をお支払いください。
契約書を交わし【成約】となった場合は、事務作業費用として、ご紹介一人につき8,640円を北大生協へお振り込みください。振込手数料はご負担ください。なお基本的には請求書は発行いたしません。

■振込先/北洋銀行北七条支店 普通預金口座 0665573 
口座名    北海道大学生活協同組合
7.何らかの事情で契約が解除となった場合は、再紹介も可能です。
成約後、何らかの事情で半年(6ヵ月)以内に契約が解除に至った場合はご一報ください。再度募集をし、 成約に至った場合、生徒側の保護者様から家庭教師1名の紹介につき、3,240円(税込)の事務作業費用とさせていただきます。 ただし、半年(6ヵ月)を過ぎた場合の解除および再紹介の際は、1名の紹介につき8,640円(税込)の事務作業費用をいただきます。

家庭教師授業料基本額

授業料(月謝)の基準は時給です。
≪1回の授業は基本2時間です。≫
学年小学生中学1年・2年中学3年高校1年・2年高校3年
時給
(1時間あたり)
1,600円1,800円2,000円2,000円2,200円

【例】中学3年生の場合2,000円×2h=4,000円が基本です。

●家庭教師に関するお問い合わせは

北海道大学生活協同組合 クラークサービスセンター・ルームガイド「家庭教師係」まで
Tel. 011-756-7972    Fax. 011-768-8907
E-mail:guide@coop.hokudai.ac.jp
営業時間 月~金曜10:00~18:00 土曜10:00~13:00 (日・祝・年末年始休業)
〒060-0808 札幌市北区北8条西7丁目1番1 北大クラーク会館2階

家庭教師に関するよくある質問

Q. 北大生が家庭教師の登録をする際に、生協に支払うお金などはありますか?
A. 北大生の負担は一切ありません。
Q. 面接はどこで行うのですか?
A. 面接は、勉強を教える生徒ご本人の住まい(家)で行うことをおすすめしています。
Q. 家で面接をする際、気をつける点などありますか?
A. 面接に際しては、北大生が利用した公共交通機関の往復の交通費は保護者様の負担となります。当日、実費分を現金にて北大生にお支払いください。
極力、お子様(家庭教師を受けるご本人)の同席をおすすめします。
Q. 面接だけでは教え方や相性などがわからないのでは?
A. 保護者様の希望があれば、面接時に授業をしてもらうことも可能です。ただし、その時の授業料は、規定通りにお支払いください。
Q. 指定の教材などはありますか。
A. 特にありません。   家庭教師で教える内容は、学生と生徒本人、あるいは保護者との協議によって決めてください。新たな教材が必要と考えたときはお互いに相談し、合意の際は保護者様に用意していただきます。
Q. 一人の先生に、兄弟姉妹や友人もみてもらうことはできますか。
A. 契約した生徒の兄弟姉妹の場合は別途契約が必要です。ただし、生徒ご本人の弟や妹で、契約時間内での授業である場合、下のお子さんの分に相当する授業料が半額となります。  なお、友人と一緒はお断りしています。
Q. 授業料の支払い方法は?
A. ご家庭の保護者(父母)が支払う授業料は、全額学生に現金で直接お渡しください。
Q. 授業料の一部が生協に入るのですか。
A. いいえ、一切そのようなことはありません。   北大生協は成約時に保護者様から事務作業費用として8,640円(税込)のみをいただいています。それ以外お金はいただきません。
Q. どちらかの事情で家庭教師を続けられなくなった際はどうすればよいのでしょうか。
A. 家庭教師を始める際に交わしている生協規定の「家庭教師に関する契約書」に則って1ヶ月前に解約の申し出をしてください。
尚、再募集を希望される場合はご一報ください。
成約後、半年以内で解約に至った場合は、家庭教師1名のご紹介事務作業費は3,240円(税込)とさせていただきます。
Q. 家庭教師に向かって「あなたと解約したい」とは言いにくいので、生協から言ってくれませんか。
A. 契約は保護者様と家庭教師をする学生とが直接交わす形のため、生協が間に入ることはしません。解約したい事情があるときは、1ヵ月前までに学生本人に直接お話ししていただければと思います。